店舗への来店を増やすために自社サイトを活用しましょう

飲食店や美容院のような実在の店舗にお客を呼びたいと思った時、どの店舗でも集客のための対策をします。その対策方法は店舗により様々で、店員が声掛けをするケースもあれば、ネット上で集客をするケースもあります。特に、最近は自社サイトを持っている店舗がほとんどです。集客に利用している店舗も多いのではないでしょうか?

しかし、自社サイトを使った集客の場合、難点があります。事前に調べてもらわなければ、お客を呼びにくいという点です。じっくりといろいろな店舗を探すお客は、地名やサービスの内容、サービスの特徴などをGoogleの検索ボックスに入力して情報を集めるでしょう。時間に余裕がある場合は、検索順位が低めのサイトにも目を通すかもしれません。しかし、その場で利用したいと思うお店を探しているお客は、地名とサービス内容のようなシンプルなキーワードでしか検索をかけません。加えて、上位のサイトのみをいくつかチェックして、利用する傾向にあります。

SEOの施策を取り入れて効果的な集客を

現地で店舗を探しているお客の来店も増やすならば、事前に自社サイトが検索順位の上位に来るためのSEOの対策をしておくことが勧められます。中には、実際に取り組んでいる企業もあるでしょう。

SEOの施策方法は、大きく内部対策と外部対策の2種類に分けられます。内部対策とは、サイトの中身を充実させることです。外部対策とは、外部のサイトに評価されることです。このうち、対策をしやすいのは前者の内部対策です。サイトの見やすさやコンテンツの充実度、情報の新しさや信頼性などが評価されます。評価が高いサイトを作ることができれば、検索順位が上がりやすく集客効果を期待できます。

ただし、誤った施策をすることでペナルティのリスクが伴うことも事実です。SEOの施策に取り組む場合は、しっかりと施策に関する情報を収集して慎重に進めましょう。SEOの施策を代行している専門の対策会社もたくさんあるため、そのような会社を利用することも検討しましょう。

サイトの評価が高くなれば、自然と外部のサイトから評価される可能性も高まります。関連性の高いサイトからリンクをしてもらえたり、SNSやブログで紹介してもらえたりするでしょう。そのためには、実際のサービスにも全力で取り組み、お客の満足感を高めることも忘れないようにしましょう。

例えば、実際にお客が来店した際のサービスが良ければ、ホームページやSNS、ブログなどで良い店舗として紹介してもらえる可能性が高くなります。紹介してもらうためには、できるだけ印象に残るようなサービスを提供することが大切です。現代はSNSの利用が増え、「インスタ映え」という言葉がよく使われている時代です。写真に撮ってSNSにアップロードする価値がある商品を販売するだけでも紹介してもらえることが期待できます。美容院のようなサービスを提供する店舗の場合は、オブジェや内装、外観などにこだわると良いでしょう。

より費用対効果が高いMEOの利用も検討しましょう

実店舗への来店を増やす目的の場合、MEOもおすすめです。検索エンジンではなく、Googleマップの検索順位を上げるための施策で、無料のGoogleマイビジネスに登録するだけで対策ができます。かつ検索エンジンよりもGoogleマップのほうが目につきやすいことから、より高い費用対効果があると言われています。

ただし、MEOもまた正しい施策をしなければ効果が出ず、最悪の場合、ペナルティの対象になってサイト自体が表示されなくなる事態も考えられます。そのような事態を避けるために、SEOと同様にMEOの対策会社を利用すると良いでしょう。 MEO対策について詳しくは、店舗集客に特化したメディアGlumaが参考になります。

店舗集客メディア
MEO・SEO対策など店舗集客に関連する情報メディアGluma

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA